上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 東京音頭

フィナーレはいつものように全員で…
  と、その前に
 
d9_13_0.jpg

「君の名は」の
「氏家真知子」と「後宮春樹」

やっと、再会出来ました 

何度も、何度も舞台に登場して
空しく歌詞カードを取って退場していた二人。

最後に何とか逢えました…ということにしました。

  …ちょっと恥ずかしそうなぎこちなさが、何とも 


d9_13_1.jpg

d9_13_2.jpg

最後はやっぱり盛り上げなくちゃ 

舞台衣装の上に半被を着て
もう、みんな慣れたもので…

他の施設では、
お客様も一緒に踊って下さいました 

ここまで来ると
みんなリラックス、のびのびしています。

お客様とのふれあいも
様になってきました 


d9_13_3.jpg

施設長さんが
あいさつをして下さっているところ…

喧騒が去って、誰もいない舞台
  どうしてこんなに煌びやかで、美しいの 

この光の中で
歌ったり、踊ったりしていた私たち 

  …何だったの… 





スポンサーサイト
 東京ラプソディ

昭和11年、藤山一郎さんのヒット曲 

歌とダンスと、
加えて 後ろの背景を次々に変えていきました 

d9_12_1.jpg

まず、歌い手が登場、一番を歌います 
背景は有楽町、前舞台と変わりません。


d9_12_2.jpg

2番で踊り手、煌びやかに登場 
背景は変わりません。

d9_12_3.jpg

3番が始まると
後ろがクリスマスモードに変わりました 

雪だるま、もみの木、数々のクリスマスリース 
急に舞台が 華やかになりました。


d9_12_4.jpg

最後に少しトーンが上がります。 

  楽し都 恋の都
      夢の楽園よ 花の東京

その時、舞台に明りが点きました 

高価だった「ナイアガラ」、「メリークリスマス」
「雪だるま」、「もみの木」

すべてがキラキラと光り始めました 

突然のイルミネーションの登場に
お客様からは、歓声と拍手をいただきました 

思えば2年前、このブログを始めた時
「はじめまして」でご覧頂いたのはこの舞台でした。 

あれから2年…

お時間があるなら
「はじめまして」に戻ってみてくださいな… 





 若いお巡りさん
d9_11_1.jpg

昭和31年、曽根史郎さんのヒット曲 

若い?とはいえないお巡りさんが登場
先ほどからベンチに座っている恋人たちに 

 「早くお帰り 夜がふける」

と、注意します。


d9_11_2.jpg

恋人たちが去った後
田舎娘が泣いています 

 「もしもし家出をしたのか娘さん」

お巡りさんは優しく声をかけます。


d9_11_6.jpg

 「送ってあげよう まかせておきな」

ところが、娘さんは意外に頑固 
動こうとしません

引っ張っていくのも大仕事

お巡りさんは大変です 




d9_11_3.jpg

d9_11_4.jpg

 「もしもし 景気はどうだい 納豆やさん」

ところがこの納豆やさんは
先程の若いアベックの男性 

コートを脱いで、帽子を被って
納豆を首から下げて…

わずかな時間で変装をしなければなりません。

半分、駆け込むような勢いで 
舞台に登場 

  …後は何もなかったように 



d9_11_5.jpg

d9_11_7.jpg

 「もしもし タバコをください お嬢さん
     今日は非番の 日曜日」

ところがところが、このお嬢さんも
先程のアベックの女性役 

大急ぎでリボンを外し、セーターを変え 
スカートを変えて登場しなければなりません。

なんとか間に合ってこの笑顔

ところがところがところが… 

非番のはずのお巡りさん
制服は脱いで来たけれど…制帽を…

脱ぐのを忘れてきました 

これだけ忙しい舞台ですもの
何か忘れますよ…この年齢では… 







有楽町で逢いましょう
d9_10_1.jpg

d9_10_2.jpg

1957年7月に発表されたフランク永井さんのヒット曲 
「有楽町そごう」のコマーシャルソングでもあります。

  ♪あなたを待てば 雨が降る 
   濡れて来ぬかと 気にかかる

音楽と同時に
バックに「ナイアガラ」を点けました
雨の代りです 

ちょうどクリスマス時でしたから
町にはクリスマスグッツがあふれていました 

今回の物品の中で
最も高価なものです 

さすがに写真で見るより
ずっときれいでした。




d9_10_3.jpg

d9_10_4.jpg

舞台は社交ダンスを取り入れました 

傘を持っていたのでは踊れません
黒子が待機して、受け取りました。

マイクを持っていたのでは踊れません 
こちらも黒子が受け取りました。

従って、踊っている間は
カラオケだけが流れました。
まるで、BGMのように…

それはそれなり、雰囲気ありましたよ… 



d9_10_5.jpg

d9_10_6.jpg

二人が退場する時
舞台には次の出番を待って、
若い  恋人が座っています。

そこへ、先ほどの「氏家真知子」登場
半年経って、数寄屋橋をたずねて来たのです。

「春樹」は現れません
彼女は仕方なく、
カンニング用歌詞カードを持って去ります 

ところが、この後「春樹」が登場するのです。

時間差で二人は会えなかったのです 

「春樹」も仕方なく、
カンニング用歌詞カードを持って去ります 

未練そうに振り返りながら…




 君の名はd9_9_1.jpg


d9_9_2.jpg

昭和28年に始まった、NHK連続ラジオドラマ「君の名は」

「番組が始まる時間になると、銭湯の女湯から人が消える」

と、言われたラジオドラマ、お客様には懐かしいかと…

舞台は数寄屋橋、
「男はつらいよ」はご愛敬で…

<忘却とは忘れ去ることなり。
    忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ>

有名なイントロを最初のナレーションで流しました 




d9_9_3.jpg

「氏家真知子」登場

「真知子巻き」と呼ばれたショール 
本人の手作り 

衣装もお友達の手作りとか
当時の雰囲気をだそうというこだわりです

いかがです 



d9_9_4.jpg

「後宮春樹」登場

二人は数寄屋橋にいるのに会えません 
背中合わせだから

ドラマに合わせて
すれ違いばかりを演出しました。

次の舞台でも、その次でも
登場するのにすれ違い 

名前を呼びながらすれ違い…

そして、最後に… 










カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2017年03月 | 01月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


プロフィール

ふらわぁ?ず

Author:ふらわぁ?ず
『かみふうせん活動日記』へようこそ!
ホームやデイサービスへのボランティアを生きがいに活動しているグループです。
活動することで、逆にお客様から励ましと元気を戴きながら、回を重ねています。
素人ばかりで作り上げていく舞台ですが、ご覧戴ければ嬉しいです。

フリーエリア
BGMが流れるようになっております。ON・OFFのボタンをご利用ください。
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。